Smile Everyday 〜日々の悩みを笑顔に変えて。

人間関係、自己啓発、恋愛、ファッション、雑記のジャンルで更新しています。

ハゲるな!?抜け毛、髪の傷みと全身疲労に効く!レシピ2選!



ハゲるな!?抜け毛、髪の傷と全身疲労に効く!レシピ2選!

f:id:yuuki0528:20190115205758j:plain


みんなの悩み!抜け毛と髪の傷み!
やっぱりつやつやで綺麗な髪の毛!
そして、できれば抜けてほしくない髪の毛!

自分自身髪を染め過ぎて、髪が抜けていく時期が
ありました。笑笑

ストレスであったり、栄養不足であったり
髪を染めるのであったり理由は様々ですが
それを1つにまとめたレシピをご紹介!

原因理由も知って!
できれば『納豆』毎日食べて!笑笑

今日もいってみましょおおお✧ ٩( ๑•̀o•́๑ )و


1.全身疲労ー症状・要因

f:id:yuuki0528:20190115205839j:plain

倦怠感や無気力状態がなかなか回復しない

運動をしたわけでもないのに体がだるい、ぼんやりしてすっきりしない、食欲がわかない、気持ちが晴れない。そんな状態になる疲労

休養して回復するようなら心配いりませんが、休んでも解消しないなら慢性化しているおそれがあります。

疲労は、発熱や傷みと同様に体に何かしら異常があるというサインです。無理を続けると、自律神経失調症うつ病へと進むこともあるので、早めに解消したいものです。

また、糖尿病や肝炎、貧血などが隠れている場合もあるため、長引くようなら診察を受けましょう。

2.対策

食事を規則正しく摂りビタミンB群が豊富な食品を

疲労回復には、バランスのとれた食事でエネルギーと各栄養素をしっかり補給することが有効です。
朝、昼、夕と規則正しく摂ることも効果的で、生活リズムが整いやすくなります。
食欲がない場合は、好みの食品を取り入れたり、香りや酸味を利用したりして、箸が進む工夫をしましょう。

食欲から摂った栄養素をエネルギーに換えるにはビタミンB群が不可欠。
糖質のエネルギーへの変換にはB1、脂質にはB2がとくに重要で、豚肉や魚などに豊富です。

またにんにくに多く含まれるアリシンビタミンB1の吸収を促します。
玉ねぎなどに含まれる硫化アリルにも同様の働きがあります。
アミノ酸の一種のアスパラギン酸もエネルギー代謝に関与し、豆やもやしに豊富な成分です。

このような食品を献立に組み入れるとよいでしょう。


3.慢性疲労症候群とは?

とくに病気がないのにもかかわらず、日常生活に支障をきたすほどの疲労が半年以上続くのが慢性疲労症候群です。
倦怠感とともに、微熱、頭痛、不眠、思考力の低下などの症状が現れます。
単なる疲労と違い、病気のひとつに認められていますが、詳しい原因はわかっていません。

治療が遅れると回復しにくいため、症状に気がついたら専門医へ早めに受診することがすすめられます。

4.『キッチンで栄養対策』

f:id:yuuki0528:20190115205922j:plain

エネルギー代謝を活性化させるビタミンB群もしっかり摂取

ビタミンB1

魚介、肉、豆など
ぶり
100g中に0.23mg。たんぱく質ビタミンB2DHAEPAなども豊富に含まれています。

ビタミンB2

肉、魚介、牛乳、納豆など
納豆
100g中に0.56mg。大豆にはそれほど多くなく、納豆菌によってつくられます。

アリシン、硫化アリル

玉ねぎ、にら、ねぎ、らっきょうなど
玉ねぎ
硫化アリルは辛味成分。にんにくのアリシンと同様にビタミンB1の吸収を高める働きがあります。

アスパラギン酸

豆、大豆もやし、アスパラガス、肉など
大豆もやし
大豆よりも発芽しかけた大豆(もやし)にとくに豊富。スタミナ強化に有効といわれています。

5.『レシピ』疲労もぶっ飛ぶ!豚こま肉のスタミナ炒め

f:id:yuuki0528:20190115210050j:plain

『材料』ー4人前
豚こま肉・・・300g
玉ねぎ・・・1個
『調味料』
砂糖・・・小さじ2
醤油・・・大さじ2
酢、酒、みりん・・・大さじ1
しょうが、にんにくチューブ・・・1cm

『作り方』
1.調味料を混ぜ合わせておく。

2.フライパンに油を引いて、玉ねぎを炒め、豚こま肉を炒める。

3.豚こま肉に火が通ったら、調味料を入れ全体に混ぜ合わせて少し炒めたら完成。


6.髪の傷み、抜け毛ー症状・要因

f:id:yuuki0528:20190115210242j:plain

ストレスや不規則な生活は髪の健康を損ねる

髪が細くなったり、薄毛になったりするのは、加齢による自然現象である程度しかたのない面があります。
しかし、毛髪に起こる変化やトラブルは、容姿や外見に影響することもあります。

髪のトラブルは、パーマやカラーリング、洗いすぎやこすりすぎなどの間違ったケア、紫外線の浴びすぎなどが原因。
ホルモンバランスの乱れ、頭皮の血行不良、ストレス、不規則な生活、過度の喫煙なども影響します。

また、毛根が皮脂などで詰まると、必要な栄養が行きわたらなくなって髪にダメージを与えます。

7.対策

たんぱく質やビタミンを摂取して育毛促進

髪や頭皮を健康に保つには、つねに頭を清潔にし、栄養バランスのよい食事を摂って、頭だけでなく全身を健康にすることが大切です。
また、毛髪の原料になる成分や育毛を促す作用のある成分が豊富に含まれる食事にすることもポイントです。

毛髪の主成分はたんぱく質です。
たんぱく質を充分に摂らないと丈夫で健康な髪ができません。
さらにたんぱく質代謝に欠かせないビタミンB6、細胞の再生を助けるビタミンB2も同時に必要です。毛細血管の血流を促進させるビタミンE紫外線やストレスにたいこうするビタミンCもしっかり摂りたい栄養素です。

逆に、脂質や炭水化物は摂りすぎると皮脂の分泌量が増え、毛根を詰まらせる原因になるため、適量を心がけましょう。

8.女性にも薄毛で悩む人が増えている

男性のほうが抜け毛や薄毛になりやすいというのは、遺伝に加えて男性ホルモンが原因です。
ホルモンは頭髪の状態に影響を及ぼすため、女性の場合も、更年期や出産後などにホルモンバランスが崩れて抜け毛が増えることがあります。

また、無理なダイエットからくる栄養不良や貧血、ストレスや喫煙などが原因となり、女性でも薄毛になる人は増加傾向にあります。

9.『キッチンで栄養対策』

f:id:yuuki0528:20190115210349j:plain

毛髪の健康維持に役立つたんぱく質やビタミンをしっかりと

たんぱく質

魚介、肉、卵、大豆製品など

100g中に12.3g。ビタミンB2をはじめビタミン・ミネラルがバランスよく含まれます。

さば
100g中に20.6g。ビタミンB6、DHAEPAなども豊富に含まれます。

ビタミンB2

魚介、肉、納豆など

ビタミンB6

魚介、肉など

ビタミンC

野菜、果物など
メロン
露地ものの場合、100g中に25mg。赤肉メロンの場合はBカロテンも多く含まれます。

ビタミンE

魚介、植物油、ナッツなど

10.『レシピ』抜け毛を防げ!簡単さばの味噌煮

f:id:yuuki0528:20190116025718j:plain

『材料』ー2〜4人前
サバ切り身 ・・・2〜4切れ

『調味料』
お水 ・・・100cc
醤油 ・・・大さじ1
砂糖、味噌、みりん・・・大さじ2
お酒 ・・・大さじ4
生姜チューブ(又は、1かけ) ・・・小さじ1強

『作り方』
1.さばの皮に×の切り込みを入れます
※汚れや、血合いがすごいものはボウルに熱湯をいれ取り除いてください。

2.お鍋またはフライパンに『調味料』を入れて中火で熱してさばを入れます。アクがでてくるので取り除いてください。

3.弱火にし、アルミホイルで落とし蓋をして10分煮込みます。

4.中火で約5分ほど煮汁がどろっとするまで煮込んだら完成。



からだにおいしい キッチン栄養学

食材や料理によって、効果が得られるものや必要な栄養って本当様々です。
これが考えずに料理ができるようになったら
体も心も本当に健康的な毎日が送れそうな気がします。

様々な自分の状態によって食べ物も変えていかないのですが、そこで偏ってしまうとほかのものが欠けてしまう。
どこでもよく言うのがバランスの良い食事。
正直これをしっかりやれるようになるまでが結構大変だと感じてます。

だってめんどくさいから!笑笑


ってなことで!少しでも頭に知識が入っていれば
自ずと記憶が蘇ってきたときに意識てきに
栄養を摂るはずです!

毎日健康!ハゲらないように!笑笑

今日もがんばりましょう!

どうも!
ゆうきでしたっ!



関連記事
www.smileeveryday.work

続いて
www.smileeveryday.work

www.smileeveryday.work

www.smileeveryday.work

www.smileeveryday.work

www.smileeveryday.work

www.smileeveryday.work

www.smileeveryday.work





/* バブル */